外為、南アフリカランドでうねり取り、リズム取りの手法で利益を出していく過程を事を綴っていくリアルFX投資日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
為替と言いますと、短期売買を繰り返すイメージがあるかもしれませんが、
機関投資家、ヘッジファンド、いわゆるプロは短期売買で収益を上げようとしています。

初心者がプロと同じように売買して、利益を上げるのは至難の技です。
プロと同じ土俵で戦わず、売買回数を減らして、勝負するという手もあります。

まずはスワップで儲けるために向いている通貨についてです。

まず一番重要なのが政策金利です。
これが低いと肝心のスワップ金利がもらえません。

第二に資源国通貨という事
資源国 地下資源が豊富な国を指しますが、これまでの歴史を振り返ると、
債務不履行の可能性が低いのです。

第三に成長している通貨を選ぶ、
これは各国が発表しているGDPを見ると成長しているのか否かが理解できると思います。

第四に高格付けの通貨
これは長期運用するには高い格付けが欲しいです。
格付け会社としては、アメリカのムーディーズが有名ですね。

東海東京証券はこちら
東海東京証券

スポンサーサイト
2222.jpg


チャートは12時間足チャートを使用しています。
ランド/円は14円を割り込み2008年度の新安値を更新している。

ただここからの買い増しについては慎重に行きたいと思っています。
13.50-14.00円で踏みとどまるのを確認してから、買い増しを行いたいと思う。

15円を割ったときに大量の損切りが入っていると思います。
赤の移動平均線が今は下向きになっていますが、水平になり、
移動平均線を為替レートを上向いてきたら、いよいよ準備OKだ。


現在の保有ポジション
平均14.70 80,000ランド
スワップ313円/日

スワップの横綱 フォーランドオンライン

スワップの大関 サイバーエージェント


暴落時が外貨購入のチャンスなんです。
特にスワップ派なら特に今がそうです。
スワップならトップクラスのフォ-ランドオンラインとサイバーエージェント

スワップの横綱 フォーランドオンライン

スワップの大関 サイバーエージェント



長期で為替を考えると円安の方向に。どういうことでしょうか?

IMFの試算によれば、日本の少子高齢化により、10年後あたりから、貿易赤字に転落すると
言われています。その時の南アフリカの経済がどうなっているのかは予想困難ですが、
現状維持が続くと明らかな円安の原因になります。

貿易赤字になれば、円が流出し、為替市場では、円売り、外貨買いが起こります。

日本円が米のように財政と経常収支が赤字となり、他国よりも低金利であれば、
為替相場で売対象通貨となり円安となるのは必至であると考えています。

貿易赤字という事態はボクシングでいえば、ボディーブローの様にあとでじわじわと
効いてくるのです。


主なチャートの節目 チャートは12時間足を使用しています。

1922.jpg




14.50円にサポートラインのサポートラインをあっさりと割り込み、次は14.00円の
サポートに変わって、きました。今週は14.50円で約定しました。

チャートをみれば、もう完全に下降チャネルラインを形成しています。
いちど、15円台への戻りがあれば、逃げたいところなんですけどそれにしても
弱い。・・・・

来週の指値 13.80円

現在の保有ポジション
平均15.10 70,000ランド
スワップ273円/日

豊商事の『くりっく365』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。